ラマーズ法とソフロロジー法はどう違う?経験者が教える分娩の違い

ラマーズ法とソフロロジー法はどう違う?経験者が教える分娩の違い

ラマーズ法とソフロロジー法はどう違う?経験者が教える分娩の違いのイメージ
3559 views

陣痛には呼吸がなにより大事!ラマーズ法とソフロロジー法の実際の違いについて

初めて出産する人のなかには、陣痛やお産に強い恐怖心を持っている人も多いと思います。「鼻からスイカ」「死ぬほど痛い」など、先輩ママの出産談を聞けば聞くほど不安になりすぎてはいませんか?

しかし、陣痛は赤ちゃんを出産するためには避けて通れないもの。陣痛も上手な乗り切り方を知っておくだけで、穏やかな気持ちで出産に進むことができるはず。

そこで今回は、陣痛のいきみを逃す2つの呼吸法についてご紹介していきたいと思います。

陣痛の最中に呼吸が乱れると赤ちゃんが苦しくなる

陣痛はやはり痛いもの。でも、その痛みはママだけが抱えているわけではありません。赤ちゃんも一緒に頑張っているのです。

陣痛は子宮の筋肉が収縮したり緩んだりして起こります。そうして赤ちゃんを産道から出そうとするのです。でも、子宮が収縮すると赤ちゃんも思い切り締め付けられてしまうので、呼吸ができなくなってしまいます。

この時、ママが浅い呼吸ばかりをしていると赤ちゃんに十分な酸素が届かず、赤ちゃんの健康に多大な影響を与えかねません。なので陣痛の最中は、どんなに痛く苦しい状態でも呼吸だけはしっかりするようにしましょう。

さて、陣痛時に行う呼吸には、ラマーズ法とソフロロジー法のふたつがあります。どちらかの呼吸法を推進しているかは病院によって異なることもありますし、バースプランで妊婦さん自身が選択することもできます。

実は、自分には幼い子供がふたりいるのですが、出産した病院が違うため、ひとりはラマーズ法、もうひとりをソフロロジー法で出産しているんです。

自分の体験談も含めて、このふたつの呼吸法の違いを見ていきましょう。

最後にいきんで赤ちゃんを手伝う、ラマーズ法

「ヒッヒッフー」という独特な呼吸法を知っている人も多いのではないでしょうか?

ラマーズ法は、フランスのラマーズ意思が広めた呼吸法で、分娩の進み具合に合わせて呼吸の仕方を変えて、緊張感をやわらげていきます。

陣痛の痛みを呼吸で逃しつつ、最後に思いっきりいきむことで赤ちゃんが出やすい状態にします。呼吸の形式が決まっているので、呼吸に集中することで陣痛の辛さから意識をそらせると同時に、お産を進める効果もあります。

陣痛の進み具合で以下のような呼吸法へと変化させます。

  • 痛みが我慢できる:通常の深呼吸
  • 痛みが少し強い:ヒーフー式呼吸
  • 痛みが強い:ヒッヒッフー式呼吸
  • いきみが強い:フーウン式呼吸

「ヒー」「ヒッ」は短めに息を吐き、「フー」は息を吐き切るように。息を吐き出してしまえば自然と酸素を吸うので、吐くことだけ意識しましょう。「ウン」はいきみが出てきてから、短く鼻から息を吐くように。トイレで踏ん張っている時のイメージに近いです。

ただし、実際にいきむのは医師や助産師からの指示が出てから。このとき、集中するために目を閉じてしまうと、顔に力が入ってシワができやすくなるので、必ず目を開けていきみましょう。

わたしも「もう産まれる」ってときに目を閉じたら「目を開けて赤ちゃん産まれるの見て!」と何度も怒られました。

ラマーズ法は、出産前に練習しておくことでお産をスムーズに進めることができますが、もし、しっかり覚えれなくても助産師さんや看護師さんが声かけでリードしてくれます。

もし、立会い出産を希望しているのなら、旦那さんも一緒にラマーズ法の勉強をしておいてもらうと、出産当日心強いですよ。

苦しみも痛みも全て受け入れる、ソフロロジー法

いきむことがあるラマーズ法と違って、ソフロロジー法はいきむことはありません。陣痛の波が来ようが去ろうが、ただひたすら「ゆっくりと呼吸をする」ことだけに集中する呼吸法です。

陣痛に対する恐怖心を解き放ってリラックスした状態で赤ちゃんを向かいいれるポジティブなお産方法です。

自分の場合は、事前にしっかり確認していなかった自分がいけないのですが、陣痛がきて分娩台の上にあがるそのときまでソフロロジー法を取り入れている病院だと知りませんでした(事前に説明されていたのを聞き流してしまったのかもしれません)。

そのため、前回の要領でいきもうとすると助産師さんに「いきんだらダメ!」と怒られ「いきんじゃダメってどういうこと?」動揺してしまったのを覚えています。そのときはソフロロジー法の存在を知らなかったのです。

分娩室にNST(ノンストレステスト…妊娠後期にお腹にセンサーをつけ30分ほど赤ちゃんの様子を確認する検査)で使用した機器を横に置き、赤ちゃんの心音を聞きながら出産に挑みました。

ふたり目のお産は、分娩台のうえで破水したのですが、ゆっくりとした呼吸のおかげで破水する瞬間もしっかり分かりましたし、赤ちゃんの頭が今どのあたりにいるかも感じられました。このときも目はしっかり開け、お股をみるように指導されましたよ。

赤ちゃんが生まれたあとは、ラマーズ法ほどの解放感はありませんでしたが、その分、疲労感もあまりなくすぐに自力でトイレに行くことができました。

どちらの呼吸法にしてもしっかりマスターしてお産に備えること

いかがでしたか?

ラマーズ法は最後にいきんで赤ちゃんを手伝ってあげる呼吸法。それに比べてソフロロジー法は、すべてを受け止め流れに身をまかせる呼吸法です。

昔はラマーズ法しかありませんでしたが、近年はソフロロジー法を取り入れる病院も増えています。今は妊婦さんの希望に寄り添うクリニックも増えていますので、バースプラン作成時に相談してみるのもいいでしょう。

ちなみに、赤ちゃんは生まれてくる日を自分で決めるといいます。この陣痛・お産に耐えうるだけの体力があると判断した時、母体のホルモン分泌を促して、決死の覚悟で生まれてこようとするのです。

初めての陣痛・お産に対する不安は拭いきれないかもしれませんが、そのことを心に留めておけばママも陣痛・お産と正々堂々、向き合えるのではないでしょうか?

コラム


  • bottom_banner01
  • bottom_banner02