食べなくてOK!離乳食は「食べる」ではなく「味に慣れる」ことが大切

食べなくてOK!離乳食は「食べる」ではなく「味に慣れる」ことが大切

食べなくてOK!離乳食は「食べる」ではなく「味に慣れる」ことが大切のイメージ
1017 views

ママのイライラや悩みのひとつである離乳食。味に慣れてくれたら食べなくても問題はありませんよ。

生後6ヶ月を過ぎると離乳食を開始するママが多いのではないでしょうか?そこで最初にぶつかるのが「食べない問題」。

「なんで食べてくれないの〜?」とイライラしたり悩むママも多いと思いますが、ちょっと赤ちゃんの立場になって考えてみませんか?

ママだけじゃなく赤ちゃんにとっても、初めての離乳食は戸惑いの連続なんです。

食べないのは当たり前と思う気持ちが大切

「口にいれてもすぐ吐き出す。その後は口も開いてくれない」そう悩むママも多いはず。でも、赤ちゃんには赤ちゃんの言い分というものがあります。

赤ちゃんは、産まれてこのかた、母乳・ミルクしか口にしたことがありません。母乳・ミルクは赤ちゃんに大切な栄養がぎっしり詰まった完全栄養食。

今までは母乳・ミルクだけで赤ちゃんもすくすく育ってきましたよね?だから、初めてみる離乳食を「食べるもの」と認識すら出来ていません。「得体の知れないものを口の中にいれてきた」と感じているわけです。

そう思っているなら「一体なにを入れたんだ」と吐き出すのも当然。なかには初めての離乳食でたまたまゴックンして美味しさを理解できる優秀な赤ちゃんもいますが、食べないのが普通なんです。

とくに離乳食を始めたばかりの赤ちゃんは、まだまだ舌の使い方が不慣れ。大人のように食べ物を上手に飲み込むことができないのです。

なので、まずは離乳食の味を覚えさせ慣れてもらうことが大切。母乳・ミルク以外の味を覚えさせることは食の楽しみにつながります。

離乳食を食べたがらない時に考えられる理由・原因

離乳食を口にする機会が増える生後9〜12ヶ月くらいになっても、手こずることは多いと思います。ママもそろそろ卒乳・断乳を考えはじめて焦る気持ちも高まるかもしれません。

この時期の赤ちゃんは離乳食は「食べ物」だと認識してはいるものの、なんらかの理由があって拒否している可能性があります。

  • お腹が空いていない・または空きすぎている
  • 離乳食より母乳・ミルクが美味しい
  • スプーンの感触が気に入らない
  • 離乳食の味に飽きた
  • 離乳食の固さが合っていない
  • 食べるより遊びたい
  • 椅子に座るのが嫌
  • 自分で食べたい
  • ママのイライラが伝わる

以上のことが考えられます。離乳食を作るのに時間がかかりすぎてしまうと、赤ちゃんも空腹から機嫌が悪くなりますし「さっさと母乳・ミルクちょうだい!」と離乳食どころではありません。

また、口のなかは髪の毛1本入ってきてもすぐにわかる敏感な場所。スプーンの感触が苦手な場合も嫌がることがあるので、材質の違うスプーンをいくつか用意してみることで解決できるかもしれません。

味見してみると分かりますが、離乳食は決して美味しいといえる食事ではありません。濃い味付けをせずとも食材を変えてみたり、切り方をアレンジしてみるなどの工夫をプラスしてみて。

また、月齢に合わせた離乳食でも乳歯がしっかり生えそろっていなければ、咀嚼する力も弱いので、食材の硬さにも気を配りましょう。逆に「柔らかすぎて食べたくない」なんてことも考えらえます。

離乳食そのものではなく、まわりの環境に左右されることもあります。固定できる椅子に座らされると居心地が悪かったり、ママと離れるのが嫌だったり・・・。

テレビの映像に気がいって食事に集中できないことも多いので、離乳食をはじめる前には食事に集中できる環境づくりも大切です。

そして、最後。離乳食を食べてもらうことばかりに意識がいってイライラしていませんか?確かに、せっかく作った離乳食、食べてもらえなかったら悲しいですよね?

でもそのイライラは赤ちゃんに伝わってしまいます。「なんとか食べてもらおう」ではなく「食べてくれたらラッキー」くらいの気持ちの余裕を持ちましょう。

ママが一緒に食事をして食べる美味しさ・楽しさを表現してあげると、赤ちゃんも食べてみようかなと興味を持ちやすくなります。離乳食は出し惜しみして、食べてる姿を見せつけるくらいのほうが案外すんなり進むかもしれませんね。

1歳くらいまでなら離乳食を食べなくても大丈夫

最後に、離乳食はあくまで母乳・ミルク以外の味に慣れてもらうことを目的にしているので、1歳くらいまでの月齢なら離乳しなくても大丈夫。

離乳食は食べは悪くても、赤ちゃんせんべいウエハースや果物などを食べてるなら、まず心配はいりませんよ。

母乳・ミルクしか飲めない大人なんてどこにも存在していません。子供は必ず成長していきます。現に、新生児の頃に比べてうんと母乳・ミルクを飲むのが上手になったじゃないんですか?

赤ちゃんのうちは、ママがイライラするほどのスローペースで育つのが当たり前。育つペースもその子の個性。出来る子と比較して心配するより、赤ちゃんの成長をしっかり見守ってあげましょう。

何ヶ月・何年か経てば「なんであの時あんなに悩んでいたんだろう」と笑って話せる日が訪れますよ。

コラム


  • bottom_banner01
  • bottom_banner02